風俗業のやめ時

風俗業で働いている女性は、仕事を辞める時期について考えたことがあるかと思います。どんな理由で風俗を辞めてしまうのでしょうか? - 風俗業のやめ時

風俗業のやめ時

物事の潮時を見極めることは難しいものです。
人生において様々な潮時がありますが、私たちは一体どのようにして「撤退するか否か」の意志決定を行っているのでしょう。

やめるということは一体どういうこと?

生きていれば何かしら行動をとっています。
「毎日ぼーっとして生活しているよ」という人であったとしても「ぼーっとして生活する」という行動をとっているのです。
ぼーっとした生活をやめて、例えば何かしら仕事を始めるとか学校に行くというのは物事の潮時がやってきたと判断したからです。
物事をやめるという潮時は「今自分がとっている行動を認識し、かつ変化を求められる一定の事由が生じたとき」といえるでしょう。

誰かの後押しとか社会からの目

自分がとっている行動というのは割と誰でもたやすく認識できます。
それに対しての問題点だって自分の頭の中や心の中ではちゃんと分かっているのです。
しかし、「変化と求められる一定の事由」が生じないとやめるという意志決定は行われません。
一定の事由は人によってたくさんありますから、あくまで抽象的な例を挙げるほかありませんが例えば誰かから「もうそろそろやめたら?」という後押しがあったり「あの人はいつまであのようなことを続けているのだろう」という社会からの目があります。

現実にさらされて

また、従来は自分の行動を認識することが出来なかった人であっても冷静に落ち着いて考えてみると自分のとっている行動が現実社会ではあまり受け入れられないものという事実を認識することがあります。
「うすうす気付いてはいたけれど、実際に考えてみたらやめなければならないときに来ている」という声を聞くのもこれが理由なのです。
現実は時として残酷で、自分がたくさんの時間をかけてきた行動に対しても否定的意見を提示してくるのです。

お金と現実の狭間で

風俗求人に応募する女性の中にも、どこかで「この業界からはもう撤退しよう」という潮時を見極める方が多くいらっしゃいます。
お金はたくさんもらえるけれど、一生続けられるわけではないとか病気になるリスク、また結婚したときにパートナーの男性からどのように思われるのかという現実を知ることになるからです。
決して風俗の仕事が社会全体から嫌われる仕事というわけではありません。
しかし、一生続けるのには難しく多額の報酬の代わりにたくさんのリスクを負わなければならないという事実がそこには存在するのです。

そろそろ私、やめます

hytdjytd
そのため、風俗業界では突然「私はこの仕事を辞めます」といってお店を去ってしまう方がいらっしゃいます。
風俗店が軒を連ねる難波や新宿で多くのお店が風俗求人を提示しているのもここに理由があります。
普通の会社のように定年退職まで勤め上げられるビジネスモデルではありませんから、雇用は流動的で昨日まで生き生きと働いていた女性であっても今日になったら「仕事を辞める」という連絡をしてくることも決してまれではないのです。

人それぞれの働き方は誰にも変えられない

働き方というのは人それぞれです。
私たちがいくらその仕事を続けなよとか、やめてしまいなよと思ったところで相手の心に伝わることがなければ相手を変えることなどできません。
今回は風俗の女性がどのようなときに「自分はもうやめどきなんだな」と感じるかということについてご紹介していきたいと思います。
昨日まで働いていた女性がやめてしまったのも、実はこんな理由からだったのかもしれません。
風俗求人難波
■http://www.kosyunyu.com/kansai/minami_namba_nihonbashi/
■ミナミ(難波/日本橋…)の求人-風俗求人・バイトなら【高収入ドットコム】